JCBブランドの意味とは?

JCBブランドの意味

 

クレジットカードを申し込むときにかならずと言っていいほど、
VISA・MasterCard・JCBといった名前が出てきませんか?

 

 

私は楽天カードを申し込みたいのにこのJCBは何なの?という感じで思う方のために今回はJCBブランドの意味について解説していきたいと思います。

 

 

カードには必ずカードブランドがあるということ

 

クレジットカードにはそれぞれ必ずカードブランドというものが存在します。

 

このそれぞれのカードブランドによってクレジットカードが使えるお店が変わってくるようになっています。要はクレジットカードをもったらすべてのお店でカードが使えるということではないことです。

 

 

クレジットカードが使えるお店は必ずこれらのカードブランドと提携を組むようになっています。

 

その提携を組まれているカードブランドで多いのがいわゆる、
「VISA・MasterCard・JCB」ということになっています。

 

 

どのカードブランドもとてもいいブランドで、最近ではほとんどのお店でこれらのブランドがどれでも活用できるように配備されていることがほとんどです。

 

 

JCBブランドの意味

 

JCBブランドの意味

 

それでは今回タイトルでもあげているJCBブランドの意味に迫っていきましょう。

 

JCBブランドとは、クレジットカードのブランドです。

 

このJCBは「Japan Credit Bureau」の略で、冒頭にJapanという名前がついているとおり、日本で作られたカードブランドとなっています。

 

 

JCBの特徴としては、日本で作られたブランドということもあり、日本でのカード利用可能な加盟店については他のブランドと比較しても多いです。
⇒簡単に言えば日本でJCBが使えるお店は多いということです。

 

 

なので日本国内でのカード利用が中心ならJCBはとてもいいブランドだと思います。

 

 

 

カードのアフターサービスも使いやすいです。

 

海外で何かカードトラブルがあったときにもサポートスタッフは日本語で対応してくれますので、とても安心できます。

 

 

 

VISAやMasterCardは悪いの?

 

ではVISAやMasterCardは悪いのかというとまったくそんなことはありません。

 

VISAやMasterCardもとてもいいカードブランドです。

 

 

 

二つとも海外で作られたカードなので、特徴としては海外まで幅広く使えるカードという認識を持っておくといいのではないでしょうか。

 

 

結構盲点になるのが海外出張や海外旅行に行かなくてもネットショッピングなどをする流れでカードを使うときにカード決済が海外経由になることもあるので、意外とネットショッピングはVISAやMasterCardの加盟店の多さが見受けられます。

 

 

 

これからカードを作るのならどれを選べばいいの?

 

カードブランド選びについては、どこでも100%使えるような完璧なカードブランドはないのでなんともいえませんが、日本国内で使うのならJCBブランドのカードは1枚は最低もっておきたいものです。

 

 

もしいますでにJCBをもっている状態なのだとしたらJCBでの決済はできるということなので、VISAやMasterCardといった別のカードブランドを持つことが一番理想的なのではないかなと思います。

 

 

JCBブランドの今人気のクレジットカードベスト3

 

今JCBブランドに対応している申込者の多いクレジットカードをベスト3あげてみました。

 

1位 楽天カード/楽天PINKカード

 

楽天カード

 

ほとんどの方がこのカードについては聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

楽天カード/楽天PINKカードはクレジットカード業界の中でもトップクラスのカード発行数を誇るカードです。

 

 

みんなが楽天カードを選ぶ理由は、「年会費無料」「ポイントがたくさん貯まる」「入会だけでもポイントがたくさんもらえる」この3つが申込者が多いポイントになると考えられます。

 

 

楽天カード/楽天PINKカードについては、VISA・MasterCard・JCBのいずれにおいても取り扱いがあります。

 

楽天カード/楽天PINKカードはどんなカードなのか?

 

 

 

2位 セブンカードプラス

 

セブンカードプラス

 

2位は言わずと知れたセブンイレブンで大活躍するセブンカードプラスです。

 

セブンイレブンでの買い物はこのセブンカードプラスが無敵といっても過言ではありません。

 

 

 

みんながセブンカードプラスを選ぶ理由は「セブンイレブン・イトーヨーカドーで買い物をするとポイントがよく貯まる」というところです。

 

 

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーだけで限定するのであればポイントがよく貯まる楽天カード/楽天PINKカードよりも何倍もポイントがよく貯まります。

 

ジュース1本買うだけで30ポイント近くポイントが貯まる物だってあるんです。

 

 

 

セブンイレブンは全国コンビニの店舗数1位を誇ることから利用者がとても多いので、コンビニをよく利用するのならもっておきたいカードです。

 

 

 

セブンカードプラスの対応カードブランドはVISAとJCBです。

 

JCBだけ限定で申込者には入会のポイントがプレゼントされるようです。

 

セブンカードプラスとはどんなカードなのか?

 

 

 

 

3位 リクルートカード

 

リクルートカード

 

3位は少し知名度が劣りますが、カード利便性のポテンシャルはすこぶる高いリクルートカードです。

 

 

 

リクルートカードの特徴としては、「年会費無料」「年会費無料で1番ポイントが貯まるカード」この2つが主にあげられます。

 

 

 

年会費無料でポイントが一番貯まりやすいのはリクルートカードです。

 

どこで買い物をしてもポイント還元率が非常に高いのでおすすめできるカードです。

 

 

楽天カードよりも標準ポイント還元率は高いのですが、楽天カードよりポイントが倍増する加盟店が少なかったり、カード審査が楽天カードよりも少しですが厳しめな印象があるので、無職の方だったり、アルバイト収入がかなり不安定みたいな感じの方は申込は避けておいたほうがいいかもしれません。

 

 

リクルートカードの対応カードブランドはVISAとJCBの2つになります。

 

リクルートカードとはどんなカードなのか?

 

 

まとめ

 

JCBブランドの意味からJCBブランドの人気のカードまでお伝えしてきました。

 

JCBは日本国内では大変加盟店が多く利用しやすいカードです。

 

 

 

日本国内だけで言えば全世界加盟店ナンバー1のVISAにも負けず劣らずな感じです。

 

まだJCBを持っていないのなら使えるお店が多いのでJCBはとてもいいと私は思います。

 

 

 

 

このサイトでよく見られている人気記事