セブンカードのデメリットポイント

セブンカードのデメリット

 

セブンカードはセブン&アイグループで使用できる

 

 

お得なクレジットポイントカードです。

 

 

 

 

セブンカードを利用することでのデメリットがないか?

 

 

今回はセブンカードのデメリットを具体的に徹底検証していきます!!

 

 

 

セブンカードのデメリットその1  次年度以降の年会費がかかる

 

 

セブンカードの年会費は初年度については無料でいけるのですが、

 

 

次年度以降は年会費がかかるデメリットがあります。

 

 

 

●本会員  500円

 

●家族会員 200円

 

 

 

 

ただし、年間5万円以上のクレジットカードの利用があれば、

 

 

次年度も年会費無料にすることができます。

 

 

 

 

 

セブンカードを持つだけで全く使わないという方にとっては

 

年会費だけがかかる感じになるのでデメリットになります。

 

 

 

 

 

あくまでも5万円以上のセブンカードの利用があれば、

 

年会費は免除されるので、下記の項目に当てはまる方にはおすすめです。

 

 

  • イトーヨーカドー・セブンイレブンでよく買い物をする。
  •  

  • アリオ・デニーズ・SEIBU・SOGOでよく買い物をする。
  •  

  • クレジットカードでよく買い物をする。
  •  

  • 公共料金(電気・ガス・水道)の支払いをセブンカードでする方。
  •  

  • 携帯電話・プロバイダなどの支払いをセブンカードでする方。
  •  

  • 国内・海外旅行ツアーの支払いをセブンカードで実施する方。
  •  

  • タクシーやレンタカー・JRなどの移動料金をセブンカードで実施する方。
  •  

  • ETC料金をセブンカードで支払う方。
  •  

  • JCB/Visa加盟店のレストランの食事料金をセブンカードで払う方。
  •  

  • ゴルフ場やスポーツクラブなどの利用をセブンカードで支払う方。
  •  

  • テーマパークのチケットや映画・コンサートのチケット購入をセブンカードでする方。

 

 

 

 

その中でも、特にイトーヨーカドーで買い物をする方には大変おすすめです!!

 

 

 

 

 

たとえ利用金額が年間5万円未満でも、

 

イトーヨーカドーの8のつく日の5%割引を利用して1万円以上買い物すれば、

 

年会費の500円のもとを取ることも可能になります。

 

 

 

 

 

セブンカードのデメリットその2  ポイントをそのまま使える店舗が少ない。。

 

セブンカードで蓄えたポイントをそのまま使える店舗が次の3店舗のみなので、

 

取扱いが少ないのがデメリットです。

 

 

 

セブンカードのデメリット2 使える店舗が3店舗のみ

 

 

日常でカードを使うところがイトーヨーカドーなどの上記の店舗なら

 

全く問題はありません。

 

 

 

 

そのまま使うには確かに3店舗のみにはなりますが、

 

ポイント自体を交換することが可能です。

 

 

 

 

 

nanacoポイントやANAマイルに交換することができます。

 

nanacoポイントに交換することができたら、次の店舗でポイントを利用することができます。

 

 

 

セブンカードのメリット nanacoポイントへ交換できる

 

 

 

 

交換方法としては、インターネットでの変更または、

 

イトーヨーカドー・ヨークマート各店のレジでは、1ポイントから1ポイント単位でその場で

 

nanacoポイントに交換することができます。

 

 

 

 

 

もちろん、nanacoポイントへの交換手数料は無料です!!

 

 

 

 

 

交換しないといけないところが少しデメリットですが、

 

レジやネットで交換できるので、交換さえしてしまえば、メリットかなと思います。

 

 

 

 

 まとめ

 

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでよく買い物をする人にとっては、

 

セブンカードはメリットが豊富なクレジットポイントカードです。

 

 

 

 

 

また、お支払いをするものに対してセブンカードを使える方にとっては、

 

年会費もかからないですし、ポイントも貯まるので、お得です。

 

 

 

 

 

セブンカードを持ってもセブンイレブンやイトーヨーカドーにも行かない、

 

またその他の支払いにも一切クレジットカードでの支払いをしないという方には

 

デメリットの年会費もかかってしまうので、おすすめできません。

 

 

 

 

 

 

 

※2014年8月31日を持ってセブンカードの新規申し込みが終了になりました。
2014年9月1日より現在申込受付はセブンカードプラスのみになります。

 

 

 

 

セブンカードのメリットは?

 

 

セブンカードプラスのメリットは?

 

 


このサイトでよく見られている人気記事