セブンカードプラスのデザインの種類をお伝え

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーで買い物がお得になるセブンカードプラス。

 

 

今日はこれからセブンカードプラスを作ろうと思っている方にデザインの種類にはどんなものがあるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

 

基本デザインは1択

 

 

残念ながらなのですが、セブンカードプラスのデザインは基本1択となっています。

 

 

青色背景にセブンの数字が入った1種類しかありません。

 

 

デザインは上記の券面画像のような感じです。

 

 

あとはカード自体にVISAかJCBのマークのいずれかが付くかnanacoポイントをカードに一体化されるならnanacoのマークが入り、紐付けでnanacoカードとセブンカードプラスを別々に持つならnanacoのマークが入らないという感じになります。

 

 

 

なので基本デザインは1つになります。

 

 

ちなみにネットでセブンカードプラスについて調べていると、オレンジ色のセブンカードをみたことがあるという方もいるかと思います。

 

 

↑こんな感じのオレンジ色でセブンの数字の入ったカード。

 

 

これもセブンカードです。

 

 

ただよく見るとPlus(プラス)の文字が入っていないことが分かりますね。

 

 

このカードはセブンカードプラスの前に運用していたセブンカードとなっています。

 

 

今現在でもセブンカードをすでに持っている方は使うことができているのですが、新しく新規申込というのはできないようになっています。

 

 

なので新規申込で作ろうと思ったら青色のセブンカードプラスデザイン1択ということになります。

 

 

 

長くご愛顧すればカードデザインが変わることも

 

最初の新規申し込みは青色デザイン1択ですが、

 

 

セブンカードプラスに関して言うと、特にカードをご愛顧している方に対してゴールドカードを発行してくれる制度があります。(インビテーション制度)

 

 

↑セブンカードプラス・ゴールド

 

 

ゴールドカードかっこいいですね。

 

 

かっこいいだけでなく、年会費完全無料にプラスして国内のショッピングガード保険もついてくるので、見た目もサービスも非常に良好です。

 

 

では、どうやったらセブンカードプラスゴールドを貰うことができるのか?

 

 

こちらについては、公式に公開されていません。

 

 

ネット上の情報では年間100万円とか、年間セブンやイトーヨーカドーで60万以上の利用がいるなどいろんなことが書いてあります。

 

 

 

ですが、公式に書いていない以上なんともいえません。

 

 

年間100万円いったとしても、セブン・イトーヨーカドーの利用額のことで貰えないという可能性もあると思うので、あまりゴールドカードを貰うための執着しすぎは危険かと思います。

 

 

日々の買い物で月8〜10万くらいカードで支払いをすることがあったり、セブンイレブンやイトーヨーカドーを利用することが多い方については、ゴールドカードを意識して狙ってみるのもいいかもしれません。

 

 

ただ普段からそこまでセブンやヨーカドーをたまにしか利用しない方は安易に狙わない方がいいように思います。

 

 

セブンカードプラス自体年間5万円も使えば年会費は自然と無料になるので、デザインとショッピングガード保険だけがお得なので、無理しすぎないように狙う方は狙いましょう。

 

 

まとめ

 

セブンカードプラスをこれから新しく新規申込する場合は青色のデザインのみになります。

 

 

オレンジ色のデザインは旧セブンカードになります。

 

 

ゴールドデザインのセブンカードプラスゴールドもありますが、インビテーション制度のよく利用する方に届けられるカードで、条件自体も公式に公開されていないので、基本的にはすぐ貰えない・作れないカードなので注意しましょう。

 

 

以上セブンカードプラスのデザインの種類についてでした。

 

 

これからセブンカードプラスを持つ方は、まずはブルーデザインのカードを持つようにしましょう!

 

 

 

セブンカードプラスの詳細情報やカード申込については引き続いてセブンカードプラス公式サイトをご覧になってみてくださいね!

 

 

 

 

セブンカードプラスの申込や詳細

 

 

 

 

このサイトでよく見られている人気記事