セブンカードプラスのメリット・デメリットを簡単解説します!

 

セブンで買い物がお得になるセブンカードプラス。
でもお得と言われても何がお得か意外と分からない人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで今日はセブンカードプラスは何がお得で何がよくないのか、メリット・デメリットを簡単にまとめて解説したいと思います。

 

 

セブンカードプラスをこれから持とうかなぁと迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

メリット・デメリット合わせて5分もあれば簡単にしっかり確認できるようにまとめてます!

 

セブンカードプラスのメリット

 

まずはセブンカードプラスのメリットについてご紹介です。

 

よいメリットは主に9つあります!!

 

メリット@ ポイントがたくさん貯まる!!

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーなら200円につき3ポイント!
ポイントがたくさん貯まる!

 

 

 

メリットA 商品によってボーナスポイント

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーではボーナスポイントが貰える!
nanaco印のついた商品については、セブンカードプラスを提示して買い物すればボーナスポイントが貰える!!
100円で30ポイントも夢じゃない!

 

 

 

メリットB 累計ボーナスポイント(イトーヨーカドー・ヨークマート)

1年間のクレジットカード利用金額に対してボーナスポイントプレゼント!
例) 100万円利用で3000ポイント貰える!

 

 

 

メリットC イトーヨーカドー5%OFF

 

イトーヨーカドーでは8日・18日・28日の3日間につき
セブンカードプラス提示によりほとんどの商品が5%OFFに!!

 

 

 

メリットD 年会費初年度無料!次年度も楽々免除!

セブンカードプラスは年会費初年度無料で
次年度は前年に5万円以上の買い物・支払いをすれば免除!
(月に4,200円程度利用すればOK!)
水道光熱費等もカード払い対象なのでうまく利用すれば免除も簡単!

 

 

 

メリットE ショッピングガード保険(海外)

 

海外での買い物はカードを使うことでショッピング補償を受けることができる!

 

 

 

メリットF ETCカード完全無料!

ETCカードを発行費無料!年会費無料で利用可能!

 

 

 

メリットG かわいいディズニーデザイン

 

JCB限定で、かわいいディズニーデザインのカードの作成が可能。
もちろんJCBでノーマルの通常カードもできる!

 

 

 

メリットH セブンカードプラス入会キャンペーン実施中!

新規入会で最大3500ポイントが貰えるキャンペーン実施中♪
※9月1日〜12月19日まで

 

 

メリットまとめ

 

セブンカードプラスの一番のメリットはポイントがたくさん貯まるところ。

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーこの2店舗でよく買い物をするならセブンカードプラスはどのカードにも負けず一番ポイントが貯まるカードという感じです!

 

 

セブンカードプラスのデメリット

 

続いてセブンカードプラスのデメリットについてご紹介です。

 

悪いデメリットは主に3つあります!!

 

デメリット@ 次年度はノルマ制の年会費

初年度は年会費無料ですが、次年度は前年カード利用が5万円必要です。
月4200円使えば問題ありませんが、使わなかったら500円年会費が必要となります。

 

 

デメリットA セブン・イトーヨーカドー以外はポイントが貯まりにくい。

セブンカードプラスはセブン・イトーヨーカドーに特化したカードなのでそれ以外の店舗となるとポイントは少し貯まりにくいです。

 

デメリットB カードブランドがVISA・JCBのみ

MasterCardには対応していない。

 

 

デメリットまとめ

 

セブンカードプラスの一番のデメリットは使わないと年会費がかかるところです。
月に1・2回セブンを利用する程度であとはカードを使いたくないというような方については年会費がかかる可能性が高いので注意が必要。

 

メリット・デメリット総評まとめ

 

セブンカードプラスはセブンイレブン・イトーヨーカドーでポイントがたくさん貯まったり、5%OFFといった割引で買い物ができたりするセブン・イトーヨーカドーに特化したカードです。
この2店舗で買い物することが多い方はぜひ利用することをおすすめします!

 

 

 

 

 

 

 

 

メリット・デメリットについてもっと詳しく解説↓↓

 

ここまでセブンカードプラスのメリット・デメリットについて簡単に確認できるようにお伝えしてきました。

 

今度はもう少し深堀して詳しくお伝えしていきます。

 

時間があってメリット・デメリットをもう少し詳しく知りたい方はこのまま引き続きお読みください。

 

メリット詳細@ ポイントがたくさん貯まる!!

 

 

セブンカードプラスは指定されたお店でポイントがたくさん貰えるようになっています。

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーはもちろんですが、その他のお店もポイントはたくさん貯まるようになっています!

 

セブンイレブン・デニーズ・イトーヨーカドー
⇒クレジット払いで200円ごとに3ポイント貯まる!

 

セブンネット・SEIBU・そごう・Ario
⇒クレジット払いで200円ごとに2ポイント貯まる!

 

「セブンイレブン」「デニーズ」「イトーヨーカドー」「セブンネット」「SEIBU」「Ario」以上6店舗はポイントが貯まりやすいです!!

 

 

 

 

メリット詳細A 商品によってボーナスポイント

 

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーでは上記のようなボーナスポイントが貰える商品が陳列しています。

 

これらの商品は記載してあるボーナスポイントを通常ポイントとは別に貯めることができます!

 

上記の例で言えば、
ペットボトルのお茶1つで30ポイントとかボーナスポイントはかなり貯まる!

 

 

 

 

メリット詳細B 累計ボーナスポイント(イトーヨーカドー・ヨークマート)

 

 

イトーヨーカドーとヨークマート2店舗限定にはなるのですが、
この2店舗のカード利用の合計金額が当年4月〜翌年3月末までにおいて指定された金額を超えると累計ボーナスポイントとしてポイントを貰うことができます。

 

累計ボーナスポイント対象は100万円以上の利用から。

 

年間100万円利用を超えると、3000ポイントプレゼント

 

年間150万円利用を超えると、10000ポイントプレゼント

 

年間150万円達成後は、100万円達成ごとに10000ポイントプレゼント

 

セブンイレブンでの利用は対象外となるので、イトーヨーカドーまたはヨークマートをよく利用する方は狙い目なボーナスポイントです。

 

 

 

メリット詳細C イトーヨーカドー5%OFF

 

 

イトーヨーカドー限定にはなるのですが、8日・18日・28日の8のつく日については、ハッピーデーとなっており、食料品・衣料品・住まいの品などほとんどの商品において5%OFFで買い物をすることができます。

 

8のつく日はイトーヨーカドーでまとめ買いをするのがとってもお得!!

 

 

 

 

 

メリット詳細D 年会費初年度無料!次年度も楽々免除できる!

 

セブンカードプラスは初年度年会費無料。次年度は500円。

 

ただし次年度については、前年利用において5万円の利用を超えることができれば次年度の年会費は免除となります。

 

年間5万円の利用ノルマを月額で割ると4200円程度。

 

普通に買い物をしてノルマ達成してもいいし、難しそうなら公共料金の支払いをセブンカードプラスに充ててノルマクリアするのもいいと思います。

 

またもっというとセブンイレブンやイトーヨーカドーでそこそこ買い物するのならボーナスポイントとかの商品を買ったりすることでたとえ年間5万円分の買い物利用をしなくても年会費500円のノルマは軽々クリアができるように思います。

 

年会費はノルマがあるが、クリアもしやすい。また年会費以上にポイントがたくさん貯まる!

 

 

 

 

メリット詳細E ショッピングガード保険(海外)

 

 

意外と知らない方が多いのですが、セブンカードプラスは海外利用対象にはなりますが、ショッピングガード保険が備わっています。

 

海外においての買い物をセブンカードプラスで支払いすることによって補償を受けることができます。

 

偶然おこった事故により破損・盗難についてはカード会社が補償してくれます。

 

 

ショッピングガード保険詳細

 

  • 補償限度額は最高100万円。
  • 1事故につき1万円負担することで補償が受けられる
  • カードで購入した日から90日間補償を受けることができる
  • 海外での買い物はカードを使うことで補償を受けることができる!

 

 

 

メリット詳細F ETCカード完全無料!

 

 

セブンカードプラスはETCカードを発行費無料かつ年会費無料で利用することができます!

 

カードによってはETCカードに対応していないかったり、年会費がかかったりするので、セブンカードプラスは無料で利用することができるのでお得。

 

 

 

 

メリット詳細G かわいいディズニーデザイン

 

 

セブンカードプラスはかわいいミッキーのディズニーデザインのカードを発行することができます。

 

 

カードブランドとしては、JCBのみの限定にはなるのですが、ディズニーファンには必見のカードを作ることが可能です!!

 

セブンカードプラスの作れるデザイン・カードブランドは以下の通り。

 

VISA・・・通常デザイン

 

JCB・・・通常デザイン or ディズニーデザイン

 

 

 

メリット詳細H セブンカードプラス入会キャンペーン実施中!

 

 

セブンカードプラスは今新規入会で最大3500ポイントが貰えるキャンペーン実施しています♪

 

9月1日〜12月19日までの3か月半にはなるのですが、最大3500ポイントが貰えるチャンスがあります!

 

 

セブンカードプラスは入会だけで1500ポイント。

 

さらにJCBを指定して入会すれば500ポイント追加で貰えます!

 

その他の特典については必要に応じて指定して選んでいけばOKです!

 

 

詳しい特典内容はセブンカードプラス公式サイトを参照してみてください。
>セブンカードプラス公式サイトはこちら

 

 

メリットの詳しい詳細はここまで
続いてデメリットの詳しい詳細です。

 

 

 

 

 

デメリット詳細@ 次年度はノルマ制の年会費

 

メリットの反面のデメリットですが、セブンカードプラスは初年度が年会費無料ですが、次年度より年会費が500円ほどかかります。

 

前年カード利用として5万円利用すれば次年度の年会費は免除になるのですが、普段カードをまったく使わない人からするとその5万円の免除ノルマをクリアすることが難しいかもしれません。

 

もちろん水道光熱費・家賃・携帯電話料金などの毎月支払いをするものにカード利用を充てていけば簡単にノルマクリアはできると思いますが、普段の支払いにはカードを利用したくないのであればノルマクリアは難しいように思います。

 

 

 

デメリット詳細A セブン・イトーヨーカドー以外はポイントが貯まりにくい。

 

メリットのほうにあげたのですが、セブンカードプラスは「セブンイレブン」「デニーズ」「イトーヨーカドー」「セブンネット」「SEIBU」「Ario」以上6店舗でポイントが貯まりやすいカードとなっています。

 

セブンイレブン・イトーヨーカドーをはじめとした6店舗以外ではポイントが貯まりにくいので注意が必要です。

 

6店舗以外では200円につき1ポイントが貯まる!

 

 

デメリット詳細B カードブランドがVISA・JCBのみ

 

セブンカードプラスの対応しているカードブランドはVISAとJCBのみとなっています。
したがってMasterCardやアメックスには対応していないので注意しましょう。

 

VISAとJCBを作ろうと思っていた方は特に問題ありません。

 

 

セブンカードプラスを作るのに適した人

 

最後にセブンカードプラスを作るのに適した人を紹介しておくと、メリットでもあげましたが、「セブンイレブン」「デニーズ」「イトーヨーカドー」「セブンネット」「SEIBU」「Ario」、この6店舗で利用する人たちがセブンカードプラスを利用するのに適していると言っていいでしょう。

 

 

特にセブンイレブン・イトーヨーカドー。
この2店舗を利用することが多い人にとっては使わないのはもったいないという感じです!

 

 

まとめ

 

ここまでセブンカードプラスのメリット・デメリットを簡易紹介と詳細紹介という感じで、簡単〜詳しくまで紹介してきました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

まとめておくと、セブンカードプラスはその名の通り、セブンイレブン。さらにイトーヨーカドーで利用するのがお得になるカードです。

 

 

この2店舗をよく利用する方はぜひ利用してみてくださいね。よく利用するのであれば損をすることはまずないでしょう。

 

 

セブンカードプラスの申込であったり、現在のカード入会キャンペーンなど詳しい内容についてはセブンカードプラス公式サイトの方もご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

このサイトでよく見られている人気記事

TOPへ