勤務歴数か月の新卒・新入社員でもセブンカードプラスの審査は通るものか?

 

大学や高校などを卒業して就職して会社勤務に就くと、新卒・新入社員となり社会人の仲間入りですね。

 

社会人となり、給料をもらっていくようになると作りたくなってくるのが、クレジットカードです。

 

 

現金いらずでカードを提示するだけで買い物できるクレジットカードはとてもスマートです。

 

そんなクレジットカードの中でも今日はセブンカードプラスについて。

 

 

勤務をし始めたばかりの勤務歴数か月の状態の新卒・新入社員でセブンカードプラスを作ることができるのか?カード審査は通るものなのか?

 

こちらについて今日はお伝えしていきたいと思います。

 

 

勤務歴が短くても特に気にしなくていい

 

まず根本的なことをお伝えしておくと、勤務歴は短くてもカード審査に通ることはできます。

 

 

もちろん働いていれば誰でも100%審査が通るって言い方をすると語弊がでますが、普通に正社員として働いていれば基本的には審査に通るとみておいてもいいでしょう。

 

 

ただ最低ラインとしては勤続期間として1カ月は最低でも欲しいところですね。

 

 

これはセブンカードプラスにかぎったことでもないと思います。別のカードでも勤続期間が数か月だとしてもカード審査を受けることができますし、カード作成もすることができます。

 

 

働き始めで毎日お弁当ではなく、コンビニで昼食を買ったりするような方であればあるほど、カードを作って現金いらずさらに買い物でポイントを貯めたいところですもんね。

 

 

きちんと会社に属していれば審査を受けることができるので、自信をもってカード審査にのぞみましょう。

 

 

 

審査に落ちる人のケース

 

勤務歴が短くても審査を受けることができカードも作れるとお話ししましたが、もちろんカードが作れない。審査に落ちてしまう方も中にはいらっしゃいます。

 

 

カード審査の落ちた理由をカード会社は教えてくれませんが、一般的に審査に落ちてしまう方の特徴・ケースをお伝えしておきたいと思います。

 

 

【審査落ちになるケース】

  • 携帯電話料金の支払いの滞納経験がある。
  • 現在持っているカードがあり、遅延・滞納経験がある。
  • 契約社員・派遣社員のケース

 

審査に落ちてしまうのはいろいろな理由・ケースがありますが、上記3つは割と多いケースではないでしょうか。

 

 

 

まず滞納関係です。

 

携帯電話の利用料金・カード・ローンの遅延/滞納の経験や続行中の場合だとカードが作れない可能性は非常に高いです。

 

 

クレジットカードは安定した収入だけでなく、支払いをきちんとしてくれるという信頼関係のもと作られるものになるので、これまでの支払い関連における遅延や滞納があると信用問題に傷があるのを見られカード審査を通さないことがあります。

 

 

 

つづいて契約社員・派遣社員のケースです。

 

契約社員や派遣社員も立派なお仕事です。しかし、立場的には勤続することにおいて契約期間というものがあるため、いつ勤続契約がきれてしまうかもしれてないという観点から信用情報としては弱いものとなります。

 

 

契約社員や派遣社員の方でもカードを作れている方はおそらくいるとは思いますが、カード審査においては不利な属性とみておくといいかと思います。

 

 

まとめ

 

勤続期間数か月でもセブンカードプラスの審査に通るか通らないかでいうと、正直カード審査を受けてみないことには作れる作れないというのは言い切れませんが、少なくとも勤続期間が少ないだけでカードが作れないということはないように思います。

 

 

したがって、新卒・新入社員で勤続期間が数カ月でもカードは作れます。

 

 

これまでカードやローン・携帯料金など滞納・遅延の支払いにおいてマイナスの情報がなければある程度申込審査においてはそこまで心配しなくてもいいように思います。

 

 

 

セブンカードプラスの申込や詳細

 

 

 

このサイトでよく見られている人気記事