セブンカードプラスの審査は厳しいのか? 審査〜カード発行までの期間は?

セブンカードの審査は厳しいのか?

 

いざセブンカードプラスを申し込むときにはあくまでもクレジットカードになりますので、カード審査が気になるところですね。

 

 

収入・年収自体が少なかったり、今までのローンやクレジットの遅延・延滞・滞納があったりなど、何かクレジット審査において引け目を感じるところがあると、カードを申込んでも審査が通らないのではないかと不安になり申込自体がおっくうになりがちではありませんか?

 

 

セブンカードプラスが欲しいけど、審査が大丈夫かな・・・とそんな風に心配して思われている方に今回はセブンカードプラスの審査について、現状のところ審査は厳しいのか?

 

 

審査に受かるためにしておくこと、審査〜カード発行までの期間についてなど、審査に関することを詳しくまとめてみました。

 

 

 

 

セブンカードプラスの審査の現状はどうなの?厳しいの?甘いの?

 

 

一番気になるところがここですよね。セブンカードプラスの審査は現状のところ厳しいのか?甘いのか?

 

 

結局のところ普通に申込して作れるものなのか?作りやすいものなのか。

 

 

セブンカードプラスの審査基準自体・審査難易度は、一般的に流通しているクレジットカードと同等か、ややそれより緩く設定されているようです。

 

 

正社員の方はもちろん、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・専業主婦・学生(18歳以上)・年金受給者・自営業・フリーランスでもセブンカードプラスの審査の対象です。

 

 

審査通過条件をクリアしていれば、十分にカード審査通過はできます。

 

 

自分自身の安定した年収または、主婦の方で言えば旦那の収入、学生の方で言えば両親の収入やこれまでのクレジット利用歴(クレジットヒストリー:クレヒス)が悪くなければカードは作ることができるでしょう。

 

 

 

主な審査通過条件としては、安定した年収(本人・家族)と良好なクレジット利用歴が大事なように思います。

 

 

審査通過のポイント:必要な年収額・収入は?

 

セブンカードプラス作りにおいてのカード審査通過のポイントはというと、

 

 

やはり安定した収入・年収が自分、または周り(配偶者・世帯)にあるかが一番審査通過ののカギになってくるかと思います!!

 

 

 

では安定した収入・年収はいくらあれば安心できるのか?

 

 

クレジットカード会社が公式にいくら以上は必要というボーダーラインを公開していないため、詳しい断言は正直難しいのですが、クレジットカードを作るうえでは年収として100万。基本ラインとして200万は必要とされています。

 

 

100万〜200万くらいの年収・収入があって、今までにおいてクレジットの支払い忘れ・滞納やローン・借入などが特になければカードはおそらく作れると考えていいでしょう。

 

 

 

では年収100万もない場合はカードが作れないのか?

 

 

そう思ってしまう方もいるかもしれませんが、年収100万なかったら作れないということでもありません。

 

 

学生や主婦のように、自分自身にまったく収入がない場合でも、両親や配偶者に安定した収入・年収がきちんとあれば審査は問題なく通ることが可能です。

 

 

またパートやアルバイトを最近始めたばかりで1か月しかまだ給料をもらってなくても、そのもらった給料を12でかければいいですし、年間100万の年収自体が無くても、両親や配偶者と一緒に住んでいることの収入、いわゆる世帯年収があったり、預貯金として銀行にお金を貯めていればカードを作れる場合だってあります。

 

 

【審査通過ポイント(年収・収入)のまとめ】

 

  • クレジットカード作りにおいて年収としては100万以上は欲しいところ。
  •  

  • ただ年収がたとえ100万なくても家族(世帯年収)や預貯金があれば作れる可能性はある。したがって学生・主婦でもカードを作ることはできる。

 

 

 

セブンカードプラスの申込や詳細

 

 

 

審査通過のポイント:信用情報・クレカ利用歴

 

さきほどは審査通過のポイントとしてカード作りにおいて、安定した年収が必要で、
年収としては100万円くらいはあったほうがいいことをお伝えしてきました。

 

 

カード会社も審査通過・カード作成において「安定した年収」ということは公開しているため、年収・収入は非常に重要かと思います。

 

 

しかし、年収がたとえ500万円や600万円といった感じで、余裕をもって稼いでいる方でも審査落ちする場合があったりします。

 

 

年収がたくさんあって支払いも楽にできるはずなのになぜカードが作れないのか?審査に落ちてしまうのか?

 

 

その審査落ちになる理由・ポイントとなるのは、信用情報・クレカ利用歴(クレヒス)になってきます。

 

 

これまでのクレジットや支払履歴というのもカード審査において非常に大事なところになっています。

 

 

具体的にどういうことをこれまでにしているとダメなのかをあげていくと、

 

 

・カード利用料金の支払い遅延・滞納・延滞

 

・クレジットをこれまでに組んだことがない

 

・総量規制

 

 

いろいろありますが、上記3つは審査においてよく見られている信用情報です。

 

 

 

@カード利用料金の支払い遅延・滞納・延滞

 

支払いにおける遅延・延滞(支払いが遅れること)、支払いの滞納(支払わらずに溜めること)をすると、この人はカードで決済をしても支払うことが見込めない人だと見られてしまい、結果カードの発行することを見送られてしまうこととなります。

 

 

支払い口座に引き落とし分の振込を忘れてしまっていて、遅延になってしまうこともときどきあるかもしれませんが、その場合なら1カ月以内にカード利用料金の支払いをしておかないといけないですね。

 

 

支払の遅延をおこして、まだ返済分が未払いの状態でカード申込をするとなるとちょっと新たなカード作成をするのは難しいように思います。

 

 

1回の遅延とかなら、支払いをきちんと完了して、その翌月くらいに申し込みをするというのならいいかもしれません。

 

 

ちなみに遅延・滞納・延滞が2回以上、2カ月以上なっている場合は、けっこうカード審査通過は厳しいように思います。まずは利用分の支払いをきちんと終えて、半年くらいは少なくともあけた方がいいように思います。

 

 

 

Aクレジットをこれまでに組んだことがない

 

お金を一時的に借りるという行為は借金となり、負債を請け負っていることで悪いように見えるかもしれませんが、必ずしもカード作成においては悪いことではないように思います。

 

 

クレジットの審査において、これまでのクレジット利用歴・分割歴も見られたりします。

 

 

このクレジット利用歴をみて、これまでの借り入れ実績があり、その借り入れ分の金額をきちんと支払いしていれば審査通過の評価も高かったりします。

 

 

なのでよく言われるのが、カード作成の難しいカードを作る前には、作りやすいクレジットカードをひとまず作って、カードを数か月使って支払いをするという利用歴・支払い歴を作ることによってカード審査に通るというやり方もあるくらいです。

 

 

携帯電話の電話機の支払いも立派な分割です。24回とか36回とか分けてきちんと払うことによってきちんと支払いをやってくれる人と見てもらえるようになります。

 

 

ローン・クレジットはお金を借りて借金するから悪いものだと思う方もいるかもしれませんが、きちんと利用して支払いをしておけば評価はいいです。

 

 

ただセブンカードプラスは作成においては難しいカードではないので、カード利用歴・ローン歴などはそんなに意識しなくていいかと思います。カード利用歴がある場合は、遅延・滞納は日頃より絶対にしないということをこころがけておくようにしましょう。

 

 

B総量規制

 

クレジットカードには総量規制というものがあります。

 

これは借り入れができる限度額の規制というものです。

 

クレジットをはじめとする借り入れについては、年収の3分の1までとされています。

 

通常のカードにおいてのショッピング利用、いわゆる1回払い(1活)とかリボ払いみたいなものはいいのですが、現金を引き出すキャッシング利用をよく利用している方は借入扱いとなり、年収の3分の1の利用をしていたり、3分の1近くまで借り入れをしている場合は、新たなカード作成は難しいでしょう。

 

 

またけっこう盲点になるのが、キャッシング機能がついているカードを持っているだけでも総量規制の対象となります。

 

 

 

【キャッシング枠のついたカードをたくさん持っている方の注意例】

 

例えば20万円のキャッシング枠のついたカードを5枚持っていると、100万円分のキャッシング枠がついていることになります。

 

このケースで言うのなら300万円の年収だと100万のキャッシング枠のカードを持っているがためにカードが作れないということになります。

 

 

なので、現時点でクレジットカードを持ちすぎているせいであらたなカードが作れないという方も中にはいらっしゃいます。

 

 

キャッシング枠がとくについていなければ問題ないのですが、キャッシングがついているカードを複数枚持っている方は解約するか、コールセンターなどに電話またはカード管理のネットサイトにてキャッシング枠を減らすまたは0にするかの工夫をしておくことが大切かと思います。

 

 

審査通過のポイント:信用情報・クレカ利用歴まとめ

 

クレジットカードを作成する上では、年収・収入が大事とされていますが、必ずしもそれだけで作れるとはかぎりません。

 

日頃よりのクレジット・借入の利用歴、借入・キャッシングカードの枚数の多さも非常に重要になってきます。

 

初めてカードを作る方、ローン・借入を今までしたことがない方はそこまで気にしなくてもいいのですが、日頃より借入の利用が多い場合は注意しておく必要があるかと思います。

 

 

 

セブンカードプラスの申込や詳細

 

 

 

 

 


>セブンカードプラス入会キャンペーン詳細はこちら

 

 

 

 

審査においてVISAとJCBはどちらがいいの?

 

クレジットカードにはVISA・MasterCard・JCBといったカードブランドがあり、カード会社によってはその選択するカードブランドによって審査難易度・審査する機関が違ったりしてカードの作りやすい・作りにくいがあります。

 

 

セブンカードプラスにはVISAとJCBとの2つのカードブランドの取扱いがありますが、どちらが審査に有利か、審査に通りやすいかというと、はっきり言って審査基準に違いは特にありません。

 

 

 

なぜかというと、セブンカードプラスの発行自体はVISAもJCBどちらのブランドであっても、JCBが発行をするようになっています。

 

 

 

VISAを選んでもVISAのカード会社ではなくJCBがカード発行する。
JCBを選んで作成すればそのままJCBがカード発行するというような感じになっています。

 

 

 

なので審査においてはVISA・JCBどちらのカードブランドを選んでもオッケーです。

 

 

 

セブンカードプラスのカードブランドの選択方法としては、セブンイレブンやイトーヨーカドー以外の買い物の利用場所が選びわけのポイントです。

 

 

 

JCBは日本発祥のカードブランドということもあり、日本国内での取り扱いは非常に多くのお店で使えるようにカバーしてあります。ただし海外での取り扱いは少ない。

 

 

 

VISAにおいては世界ナンバー1シェアを誇るカード加盟店の多さから海外から日本国内まで幅広く買い物ができるようになっています。簡単に言えば海外利用とネットショッピングでのカード決済が多い方にVISAはおすすめです。

 

 

 

ネットショッピングでのカード決済は、日本国内の会社で買い物をしても海外経由で決済をする場面もあるため、比較的VISAの取扱いが多いです。したがって、ネットショッピングをよくする方はVISAがおすすめ。

 

 

 

 

簡単にまとめると、

 

国内の買い物がメインの場合は、JCB。

 

海外・ネットショッピングの買い物がメインの場合は、VISA。

 

でいいと思います。

 

 

 

もしもいやそれでもどちらかで迷ったら今セブンカードプラスではオンライン(ネット)でのカード申込にてJCB選択入会することで入会キャンペーンとして500ポイントが無料でもらえるので、JCBの方が特典がありお得かと思います。

 

 

 

>>>セブンカードプラスのキャンペーン確認はこちら(セブンカードプラス公式サイト)

 

 

 

審査通過するための鉄則・気を付ける事

 

 

ここまでセブンカードプラスの審査難易度は一般レベルで、年収・収入で100万以上は欲しいところ、信用情報・クレカ・借入は利用したらきちんと支払いをする、カードブランドはVISA・JCBどちらでもよいことをお伝えしてきました。

 

 

 

セブンカードプラスをより確実に審査通過するための鉄則・気を付けるコツもこちらでご紹介しておきます。

 

 

@キャッシングはつけない

 

クレジットカードにはATMよりカードを入れるだけでキャッシュカードいらずでお金を引き出せるキャッシング機能がありますが、このキャッシング額をつけておくと審査は通りにくいとされているので年収・収入が少なかったり、審査が通るかどうか不安な場合はキャッシングはつけないようにしましょう。

 

 

 

セブンカードプラスではキャッシング枠として申込をするときに10万〜50万の間で申込申請することができますが、ここは0万にしておくといいでしょう。

 

 

 

すでにキャッシング枠付きのクレジットカードをもっている方や、現金の借り入れなどをアコムや銀行などで実施している方はキャッシング枠は0での申込がいいでしょう。

 

 

 

審査により通りやすくするためにはキャッシングはつけない。

 

 

 

 

A年収の入力方法

 

セブンカードプラスを申込するときに本人年収・世帯年収をすると思いますが、ここでの年収計算は総支給額でよいです。

 

 

 

もらった給料で計算することから税金や社会保険料などを差し引いたいわゆる手取り額で年収を計算する方がいますが、差し引く前の総支給額計算で行うようにしましょう。

 

 

 

計算方法としては 「総支給額×12+賞与(ボーナス)」という感じでバッチリです。

 

 

 

計算する中で多少数値がズレても問題はないかと思いますが、100万しか収入がないのに200万と入力したりするのはやめておきましょう。大きく年収数字が変わってしまうと入力ミスではなく虚偽をしているとみなされ、あなたの入力しているものには信用がないという信用情報として見られます。

 

 

 

大きな間違いは入力ミスではなく、虚偽として見られる可能性が大ですので注意しましょう。

 

 

審査により通りやすくするために、計算をきちんと「総支給額×12+賞与」

 

 

 

 

B固定電話の入力

 

これはできる方とできない方がいますが、固定電話を持っている場合は、自宅固定電話の番号を申込の時に入力するようにしましょう。

 

 

 

連絡先として携帯電話のみの入力でも問題はありませんが、住所と連結している信用情報の固定電話があるとより審査は通りやすくなります。

 

 

 

固定電話がない場合は仕方ありませんが、もっている場合は携帯電話だけではなく自宅の電話番号もきちんと入力するようにしましょう。

 

 

審査により通りやすくするために、固定電話の番号も入力

 

 

 

 

以上3つは、ちょっとしたことですが、審査をより確実に通るためには気を付けて実施ておいた方がいいかと思います。

 

 

 

審査〜カード発行までの期間

 

ここまでセブンカードプラスにおいての審査現状と対策についてお伝えしてきました。

 

最後に審査にかかる時間・カード発行までの期間についてもお伝えしておきます。

 

 

セブンカードプラスを申込んでからカードが発行して自宅に郵送されるまでの期間は、だいたい10日間〜2週間程度みておくといいような感じです。遅い方で3週間〜4週間かかる方も普通にいます。

 

 

最近では1週間くらいで自宅に郵送されるクレジットカードも増えてきていますが、セブンカードプラスはそこまでカード郵送されるまでの対応はスピーディーでないように見ておくといいかと思います。

 

 

審査自体もすぐに結果が出る方もいれば、10日経っても審査可否の連絡が何もないという方もいらっしゃいます。

 

 

なので、1週間で作りたい!カードを手に入れたい!!という方は注意しましょう。

 

 

 

 

1週間で手元に届くカードが欲しい方は楽天カードを手に入れましょう。
楽天カードの審査・郵送スピードは段違いに早いです。申込が混んでなければ5日間〜1週間で自宅に届きます。

 

>>>楽天カードの申込はこちら(楽天公式サイトはこちら)

 

 

 

 

 

セブンカードプラス作成においては審査に時間がかかるケースも多く、余裕をもって申し込むことをおすすめします。

 

 

早い方でもカードを手に入れるまでに10日〜2週間はかかる。

 

時間のかかる方で3週間〜4週間かかるケースがあることを覚えておきましょう。

 

 

 

審査において在籍の確認電話・本人の確認の連絡はあるのか?

 

カード審査やローン利用になると在籍確認や本人確認の連絡があったりしますが、セブンカードプラスはカード作成において電話があるのか?

 

こちらについては、連絡がある場合とない場合があるので、何とも言えません。

 

 

また本人確認の電話にでないと審査自体が長引いてしまうこともあるので、できるだけ早く確認の電話にはでることをおすすめします。

 

⇒セブンカードプラスは確認電話があることもあるので、電話があるという風にみておくと安心かと思います。

 

 

まとめ

 

  • セブンカードプラス自体の審査は一般的に流通しているクレジットカードと同等かややそれより緩め
  •  

  • 独り身なら年収は100万以上は欲しいところ、家族と同居していれば本人収入が0でも審査に通る可能性あり
  •  

  • クレジット利用歴も大事。遅延・滞納は絶対に日頃よりしない。
  •  

  • VISA/JCBはどちらを選んでもJCBにて審査が行われる
  •  

  • 審査に通るためにキャッシングはつけない。総支給で計算。固定電話の入力をする
  •  

  • 審査には時間がかかる場合がある。カードが手に入るまでに2週間〜4週間くらいかかることをみて余裕をもって申し込むことが大事

 

 

ここまで審査における現状と通過における秘訣など、ご紹介してきました。

 

 

カード作成の基準としては年収が100万は欲しいところ。ただ収入自体が少なかったり、まったくなくても両親や配偶者の収入があればカード作りはできたりします。

 

 

また申込においては、キャッシングなし、総支給による給料計算、自宅電話番号入力をしっかりと行うようにしましょう!

 

 

あとは申込の際の入力情報において不備や間違ったことを入れると虚偽と見られマイナス評価になってしまう場合もあるので、正しい情報を入力しましょう!

 

 

セブンカードプラスは作成自体が作りにくいカードではないので、
他のクレジットカードは申し込んでみてダメだったのに、セブンカードプラスの審査は大丈夫だったということもあります。

 

 

セブンカードプラス自体難易度の高いクレジットカードではないので、そこまで心配する必要はないと思います。主婦や学生でない場合は、何らかの収入を定期的に得ていて、支払いの遅延・滞納などがなければ安心して申し込んでも大丈夫なカードだと思います。

 

 

 

 

セブンカードプラスの申込や詳細

 

 

※2014年8月31日を持ってセブンカードの新規申し込みが終了になりました。
2014年9月1日より現在申込受付はセブンカードプラスのみになります。

 

 

 


>セブンカードプラス入会キャンペーン詳細はこちら