提携ポイント〜nanacoポイントへの切り替え・交換について その2

提携ポイント nanacoポイントへの切り替え

 

 

ポイント利用がたくさんの場所で使えるnanacoポイントは、セブンカードを始めとして

 

色んなポイントからnanacoポイント交換することができるようになっています。

 

 

 

提携先によって、ポイント交換する申請方法が違うので、

 

今回は提携ポイントからnanacoポイントへの交換方法をいくつか解説します!!

 

 

 

基本的な提携ポイントからnanacoポイントへの切り替えの流れ

 

基本的な提携ポイントからnanacoポイントへの切り替え方法

 

 

基本的には各ポイントの会社のホームページからポイント変換の申請を行います。

 

 

 

変更が完了したら、ポイントのお預かりというようになるので、預かりから残高照会をして

 

nanacoポイントに反映させます。

 

 

 

nanacoに反映が完了したら、電子マネーnanacoとして、買い物をすればOKです!!

 

 

 一般的なnanacoポイント切り替え方法の詳細はこちら

 

 

 

 

各ポイントの申請の流れ 紹介

 

うるおいポイント⇒nanacoポイント

 

 

うるおいポイント

 

 

うるおいポイントからnanacoポイントへの交換方法は、

 

Web会員サービス「うるおいプログラム」のホームページから申し込みが可能になっています。

 

 

 

※うるおいポイントからnanacoポイントへの交換については、2000ポイント単位での交換が可能です。

 

 

 

 

 

キューモニターポイント⇒nanacoポイント

 

 

キューモニターポイント

 

 

キューモニターポイントからnanacoポイントへの交換は、キューモニターのホームページからログイン後、申し込み手続きをする流れになります。

 

 

※キューモニターポイントへの交換は、50ポイント単位で交換が可能です。

 

 

 

 

 

山陰信販わくわくポイント⇒nanacoポイント

 

 

山陰信販わくわくポイント

 

 

山陰信販のホームページからWeb会員メニューより申し込みする流れになります。

 

 

※わくわくポイントからの交換は、500ポイント単位での交換が可能です。

 

 

 

 

 

おでかけポイント⇒nanacoポイント

 

 

おでかけポイント

 

おでかけポイントからnanacoポイントへの交換方法は、レッツエンジョイ東京WEBの会員ページまたはレッツスマホアプリから申し込み手続きをします。

 

 

※おでかけポイントからの交換は、100ポイント単位で申込が可能です。

 

 

 

 

 

QooPoポイント⇒nanacoポイント

 

 

qoopoポイント

 

 

QooPoポイントからnanacoポイントへの交換方法は、QooPoアプリから申し込み手続きをするようになります。

 

 

※QooPoポイントからの交換は、500ポイント単位で申し込みが可能です。

 

 

 

 

 

予想ネットポイント⇒nanacoポイント

 

 

予想ネットポイント

 

 

予想ネットポイントからnanacoポイントへの交換方法は、

 

予想ネットのホームページから申し込み手続きが可能です。

 

 

 

※ポイント交換は、予想ネットポイント3000ポイント以上から可能で、1000ポイント単位で交換ができます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

提携ポイントからnanacoへのポイント変更は

 

だいたいがホームページかスマホアプリから実施ができるようです。

 

 

 

カードを持ったらポイント交換のことやお得なサービスも載っている可能性もあるので、

 

一度ホームページをチェックするのがいいと思います。

 

 

 

nanacoと比べると知名度が低いポイントでも、交換できるものもたくさんあります。

 

交換によりポイント自体かなり減るものもありますが、ポイントをためるだけで使わないポイントがあるのならnanacoへ変えて使いましょう!!


このサイトでよく見られている人気記事

セブンイレブンカードランキング500円利用で1万ポイント貯まるセブンカードプラス

セブンカードプラスのメリット・デメリットセブンカードプラスの審査情報

セブンカードプラスは専業主婦でも持つことはできる?セブンカードプラスはパート・アルバイトでも持つことができる?

TOPへ