セブンカードプラスとnanacoカードの違いを徹底検証!

セブンカードプラスとnanacoカードの違いは

 

セブンカードプラスとnanacoカードはどちらも

 

nanacoポイントが貯まりますが、

 

セブンイレブンで買い物をするときは、どちらがお得に買い物できるのか?

 

 

 

 

今回はセブンカードプラスとnanacoカードの違いについて

 

各カードのメリット・違いについて検証していきたいと思います。

 

 

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い その1 支払い方法が違います!!

 

セブンカードプラスとnanacoカードはカードの根本が違います。

 

 

セブンカードプラスとnanacoの違い:根本が違う

 

 

セブンカードプラス・・・クレジットカード

 

nanacoカード・・・・・・プリペイド型電子マネー

 

 

 

セブンカードプラスは支払いについては、まとめて翌月10日となります。

 

 

 

nanacoカードは買い物をする前に、お金をチャージ(カードに入金)してからお支払いが可能になります。

 

 

 

 

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い その2 ポイント還元率が違います!!

 

セブンカードプラスとnanacoの違い:ポイント還元が違う

 

 

 

<<セブンカードプラス>>

 

セブンイレブン  200円で3ポイント

 

イトーヨーカドー 200円で3ポイント

 

SEIBU    200円で2ポイント

 

JCB・VISA加盟店  200円で1ポイント

 

※nanaco加盟店 200円で2〜3ポイント還元

 

※1か月の利用金額に対してポイントの加算

 

 

 

 

<<nanacoカード>>

 

セブンイレブン  100円で1ポイント

 

※nanaco加盟店 100円で1ポイント還元

 

※1回1回の買い物についてのポイントの加算

 

 

 

 

 

【セブンカードプラスとnanacoのポイントの付きかたの比較】

 

セブンカードプラスとnanacoカードはポイントの付き方が違う

 

 

 

ポイント還元率を見てもセブンカードプラスの方がたくさんポイントが貯まりますし、

 

 

 

セブンカードプラスは1か月まとめてのポイント加算になるので、ポイント加算の無駄もないので、

 

貯まりやすいです。

 

 

 

ポイント還元については、セブンカードプラスの方が優秀です。

 

 

 

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い その3 ポイント加算のタイミングが違います!!

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い:ポイント加算タイミングが違う

 

 

 

セブンカードプラス・・・当月16日〜翌月15日までの買い物分を翌々月5日に1括で加算。

 

nanacoカード・・・・・・買い物をする度に加算。

 

 

 

 

セブンカードプラスは翌々月に1括してポイント加算になるので、ポイント還元は遅いです。

 

 

貯めたポイントをすぐにでも使いたい方にとっては、nanacoカードの方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い その4 発行手数料と年会費が違います!!

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い:発行費と年会費が違う

 

 

 

<<セブンカードプラス>>

 

発行手数料:無料

 

年会費:初年度は無料 次年度以降は1,000円

 

※前年カード利用金額が50,000円以上あれば、次年度も年会費は無料

 

 

 

 

<<nanacoカード>>

 

発行手数料:300円 モバイルの場合は無料

 

年会費:無料

 

 

 

年間のカード利用金額が50,000円いかないのであれば、

 

年会費のかからないnanacoカードのほうがかかる費用は少なくて済みます。

 

 

 

カードの利用金額が50,000円を超えるのであれば、セブンカードプラスは一切費用がかかりません。

 

 

 

 

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い その5 カードの審査が違います!!

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードの違い:審査の有無

 

 

セブンカードプラス:クレジットカード作成の審査あり

 

nanacoカード:審査なし

 

 

 

 

セブンカードプラスには申し込みをするときに所定のクレジットカードの審査があります。

 

 

 

審査があるので、100%カードを所有することができるとは限りません。

 

 

 

仕事・収入・配偶者・親などがない場合はカード所有することこは不可能だと思っていいと思います。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードはどちらもnanacoポイントが貯まることには間違いありませんが、

 

上記で上げてきたように細かい違いがあります。

 

 

 

ポイントカードとして貯めていくのであれば、

 

セブンカードプラスのほうが確実にポイントは貯まりやすいので、おすすめです。

 

 

 

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーで年間50,000円の買い物金額にいかないのであれば、

 

ガソリン代や水道・光熱費など支払いをする場面で

 

セブンカードプラスを利用するに工夫すればOKです!!

 

 

 

 

 

 

セブンカードプラスの申込や詳細はこちら

 


このサイトでよく見られている人気記事

セブンイレブンカードランキング500円利用で1万ポイント貯まるセブンカードプラス

セブンカードプラスのメリット・デメリットセブンカードプラスの審査情報

セブンカードプラスは専業主婦でも持つことはできる?セブンカードプラスはパート・アルバイトでも持つことができる?

TOPへ