セブンカードプラスとnanacoカードの違いを表にて比較

セブンカードプラスとnanacoカードの違い

 

 

セブンカードプラスとnanacoカードなのですが、カード自体の違いはたくさんあります。

 

 

 

今回はセブンカードプラスとnanacoカードのその細かい違いを比較表にてまとめてみました。

 

 

セブンカードプラスとnanacoカード 詳細比較 〜2つの違い徹底比較〜

 

セブンカードプラス

セブンカードプラス

nanacoカード

nanacoカード

年会費 初年度⇒無料    次年度⇒1000円

 

※前年度に5万円以上のカード利用があれば次年度も無料

永久無料
発行手数料 無料 300円
支払方法 クレジットカードによる支払い。実質のお金の支払いは毎月翌月の10日。 プレイペイド型電子マネーによる支払い。買い物をする前にお金をチャージしてお支払い。
貯まるポイント nanacoポイント
ポイント還元 セブンイレブン 200円⇒3Point

 

イトーヨーカドー 200円⇒3Point

 

デニーズ・ヨークマート 200円⇒3Point

 

西武・そごう 200円⇒2Point

 

VISA・JCB加盟店(その他) 200円⇒1Point

セブンイレブン・イトーヨーカドー

 

デニーズ・ヨークマート

 

西武・そごう

 

いずれも 100円⇒1Point

ポイント利用可能な店 全国セブン&アイグループおよびnanacoマークのあるお店。

 

※全国13万店舗

 

(nanacoポイントを電子マネーに交換して利用)

ポイントレート 1ポイント⇒1円
ボーナスポイント セブンイレブンなどのnanacoボーナスポイント対象商品をカード払いにて購入すると特別ボーナスポイントが加算される。 セブンイレブンなどのnanacoボーナスポイント対象商品をnanaco払いにて購入すると特別ボーナスポイントが加算される。
ポイント加算タイミング 当月16日〜翌月15日までの1か月分の買い物利用金額分を翌々月5日に一括してポイント加算 買い物をすると同時にポイント加算
カード審査 作成時にJCBの発行審査あり 審査なし※15歳以下の場合は、親権者の署名が必要

 

 

 

まとめ

セブンカードプラスとnanacoカードの大きい違いについては、

 

年会費のかかる有無クレジットカードなのか違うのかだと思います。

 

 

ポイント加算のことをみていくと確実にセブンカードプラスの方がたくさん貯まります。

 

 

 

年間50,000円以上のカード利用を問題なくできる方については、

 

ポイントもたくさんたまるセブンカードプラスがおすすめです。

 

 

 

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーで買い物もたまにしかしないし、

 

水道・光熱費などのあらゆる支払いを別のカードで実施している

 

または、カードではなく、口座振替などで払いたいというような方については、

 

nanacoカードがいいのかもしれません。

 

 

 

 

セブンカードプラスのメリット・特徴は?

 


このサイトでよく見られている人気記事

セブンイレブンカードランキング500円利用で1万ポイント貯まるセブンカードプラス

セブンカードプラスのメリット・デメリットセブンカードプラスの審査情報

セブンカードプラスは専業主婦でも持つことはできる?セブンカードプラスはパート・アルバイトでも持つことができる?

TOPへ